プロフィール

puresoul358jp

Author:puresoul358jp
Pure soul

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回いのちキラキラ希望の風フェスタin笹神

9月28日29日の二日間に渡り、第4回いのちキラキラ希望の風フェスタin笹神を開催させていただきました!!

通称「風フェス」震災翌年から、年に2回、春と秋に開催を続けて、今回は4回目を無事に終了いたしました!!

福島原発の事故が起こり、そこで被ばくされた可能性の高い福島県の方々を新潟にお呼びして、医師による健康相談会、そして心と体の癒しの時間を楽しんでいただけるように、たくさんの仲間達とともに立ち上げました。

私達の希望は、できることなら、どうか避難してほしい、今いる場所からはなれてほしいということ。でも、それが出来ない事情があるから、いま福島県で生活をされている方々に、どうか無事でいてほしい、一緒にわけあって、抱え合って、今を乗り越えてゆこうという願いを込めての開催です。医師8名を含む、総勢60名のスタッフによる今回のイベントとなりました。

事前に何度もスタッフ打ち合わせ、放射能勉強会を繰り返し、お迎えする私達が「今の福島の現状理解」を共通認識出来るように努力しました。

二日前には、呼びかけに駆けつけてくれた有志の皆さんが、風フェスで使う受付のメダル等を手作りで作ってくれました!!
メダル作成中

また、ピュアソウル通信で呼びかけて、新潟のみならず、山口県、愛媛県、愛知県、、、、各県から、産地や原料に配慮した果物や手作りのお菓子が続々とマリーゴールドに届きました。スタッフさん達へ、としたジュースやお菓子も!!また、役立ててほしいと、寄付のお金もいただきました。本当に嬉しくてうれしくて、この繋がりに心からの感謝をこめて、写真を撮って、当日このように会場に紹介させていただきました!!送って下さった皆さん、本当にありがとうございました!!風フェス当日届いたものもあって、写真が間に合わなかった方もおられます。次回に写真とともにご紹介させていただきますね!!
はり付けてある写真

28日(土)当日。4回目開催にして初めての晴天!!
たくさんの荷物を、仲間の大きな車に積み込んで、希望の風フェスタ会場に向かいます。
車

受付、カフェコーナーなどの会場設営。
受付
カフェコーナー

準備が整い、13時からの受付開始と同時に、福島県から、また福島県から避難されて他県に住まれている方々が到着です。
この日は、室内では、野口整体活元体操、屋外では、こどもたちのかけっこ教室が行われました!!
ちょうどこの時間、来場者の方々の対応に駆け回っていて、この素敵なふたつのイベントの写真をとることが出来ていないということにいまブログを書きながら気づくありさま。。。
写真係がいてくれましたので、きっとそこに残っていると想います。後日「風フェスアルバム」として再アップさせていただきます!!

19時みんなでスタッフ手作りの免疫力アップカレーライスをいただきました。市販のカレールーを使うのではなく、スパイスをブレンドしながら作るカレー。この一手間が、どのように免疫力アップに繋がるかスパイスについての説明を聞きながら!みんな美味しいとおかわりたくさんで、あっという間に完食!!
夕食
カレー説明

20時からはみんなで輪になって交流会。福島に住んでいる方、福島から他県に避難している方がそれぞれに抱えている様々な試練や想い。これを、新潟に住む私達が聴かせていただきながら、一緒に生きていく道を繋いで行きます。今回は、翌日に健康相談を担当して下さる医師、また、広島で被爆体験をお持ちの小野瑛子さんが千葉県から来て下さり、撮影で入られている鎌仲ひとみ監督も交えた、とても充実した時間となりました。
交流会

この夜の間にも、翌日の体育館の設営準備がすすんでいて。それが、これです!!スタッフの法生ちゃんと真理子さんがたくさんたくさん風フェスに向けて染上げてくれた茜の布。これが旗になって体育館天井に浮かび、茜色の空になりました!!茜は免疫力を上げる作用を持ち、お腹の赤ちゃんがお母さんの子宮の中でみる色と同じだと言われています。がらんとした体育館が、何ともあたたかく、安らぎの空間になりました!!
体育館の旗

そうして迎えた29日(日曜日)
体育館では様々な癒しイベントが行われました。子ども達も楽しく参加のお餅つき。
お餅つき

絵本の読み語り
絵本読み聞かせ

佐藤さとみさんコンサート
コンサート

笑いヨガ
笑いヨガ
笑いヨガ2

スガジャズダンススタジオさん演舞
スガジャズ

また2階の静かなスペースで、クリスタルボウルの演奏も行われました。

体育館にも、みなさんから送っていただいたたくさんの果物やお菓子がカットフルーツやカフェコーナーに並びました。免疫力を高めて、放射線によって損傷を受けた細胞の修復に必要な酵素。安心して果物をとっていただきたいと提供させていただきました。また、手作りのお菓子にこだわったのも、できるだけ添加物や白砂糖、着色料等のものが入っていたいお菓子のおいしさを知り、体に負担をかけない食べ物を選ぶことの大切さをお伝えしたかったからです。本当にありがとうございました!!
カットフルーツ
カフェコーナー2

米沢からたくさんの酵素ジュースを作って持って来てくれた大嶋さん、とっても美味しくて大盛況でした!!甘くて遺伝子組み換えのブドウ糖果糖液糖のはいったジュースじゃなくて、果物でこんなに美味しい炭酸ジュースができるってことを、しかも酵素がたっぷりで免疫力アップだということをたくさんの方に体験していただくことが出来ました!!
酵素ジュース

お昼ご飯を作ってくれた、マクロビ弁当チーム、カレーチーム、どちらも朝ははやくから準備に取りかかり、お昼にはサイコーに美味しいお昼ご飯を食べていただくことが出来ました!!
マクロビカレー2
マクロビ.カレー1JPG

また仲間達によるブース出店。みんな無料での提供です。本当にこのすばらしい仲間達が居てくれるから、続けて行けるイベントです。マッサージや、リフレ、鍼灸、美顔、箸作り、ストラップ作り。みんなほとんど休憩もなく、ずっと福島の方々を迎え、交流してくれました。お父さんも、お母さんも、マッサージなどのケアを受け、本当に喜んで下さいました!!
アロマハンド
リフレ
顏リフレ
箸作り
木工
ストラップ作り
美顔

何も心配しないで呼吸をし、ご飯を食べ、癒され、遊ぶ。こんな当たり前の権利が侵されているいま、たったの1泊二日だけれど、この自由を、安らぎを、楽しさを体験していただけたらと、みんなの気持ちがひとつになった風フェス。本当に本当にありがとうございました!!

19日は同時進行で、医師による無料の健康相談会も開催されました。お仕事を調整してかけつけ、朝から夕方までずっと福島の方の訴えに耳を傾けアドバイスくださった先生方にも感謝の気持ちで一杯です。この相談会を助けてくれる看護師達。こちらの方もこれからさらに充実しつつ継続出来るように課題や反省を生かして次回の準備をしてゆきたいと想います。

二日間に渡り、撮影と取材でともにいてくださった鎌仲ひとみ監督と、クルーの皆様のおかげで、貴重な経験をさせていただきました。また、今回は米沢市のマゼンダ福島子ども基金さんからのご支援で、福島の方々の参加費を大幅に軽減することが出来たことを感謝とともにご報告させていただきます。

ここでご紹介出来なかった写真等、プライバシーも配慮しつつ、後日アルバムとしてアップさせていただけたらと想っています!!

応援して下さった皆さん、来て下さった皆さん、そしてたくさんの仲間達、本当に本当にありがとうございました!!
最後の2行の下

スポンサーサイト

福島県に行ってきました

7月24日(水)、福島県に入らせていただきました!

午前中は福島市で「予防接種勉強会」をさせていただいたのですが、
それにあわせて、みなさんに果物の支援を呼びかけ、たくさんマリーゴールドに届けて頂きました!!

こちらは、「竹炭」
上越のからころ堂さんが、福島の子ども達に野菜を送ろう!と日々集めてくださった募金から、竹炭を購入して届けてくださいました!!

130723_165601-1.jpg

炭は放射性物質を吸着する性質があり、事故直後も何度も福島へ運ばせていただきました。あれから2年が経ち、少しずつ薄れつつある危機管理。恐れながらストレスのある生活を続ける事は心にも体にも負担がかかりますが、でも、出来る事は続けていってほしい。
今回,このタイミングで炭を支援していただけた事は、本当に嬉しかったです。
福島市でも、その後に伺った川俣町でも、喜んでいただけたし、竹炭の性質や活用法を知らなかった方もおられて,お伝え出来る貴重な機会になりました。からころ堂さん、本当にありがとうございました!!

https://www.facebook.com/Karakorodo

また、クール宅急便で届けてくださった、大きなスイカや桃やとれたての枝豆、無肥料無農薬で育ててくださった新鮮な夏野菜。またいつも、支援を呼びかけたら、お仲間に声をかけてたくさんの応援を集めて届けてくださる方。みなさんのご協力が、本当に本当に嬉しくて、マリーゴールドにこれらの贈り物が届くたびに、私が一番元気をいただいているんです。ありがとうございます!!

130723_230942-1.jpg

予防接種勉強会の準備等もあったので、写真を十分に撮る事が出来なかったのですが、箱から取り出して机に並べる準備をしながら、みなさんが、「うわ~」って歓声をあげてくださって、満面の笑顔に。お子さん達も嬉しそうに,大事そうに、果物を抱えていました。

130724_123910.jpg


大きなスイカはその場でカットして、みんなでいただきながら交流会をさせていただいたのですが、実際は本当に深刻な状況でした。。

130724_125545-2.jpg


ほとんどの家庭で普通に福島県産の野菜を食べている事。おじいちゃんやおばあちゃん、近所の方が畑で育てた野菜を断る事はもう出来なくなっていて、その都度検査に出すわけにも行かないので地元の野菜を食べる事は日常になっていると。

2年以上も立って、食材に神経をすり減らし続ける事がどんなに大変な事か。また、そのことで、大切な家族やご近所さんともめ事を起こす事だって当然避けたいわけです。

その結果が(食べ物だけではないですが)、口内炎が常に3~4カ所ある状態。
目がかすみ、耳が聞こえにくい状態。
アレルギーが悪化して病院にかかる日が増えている状態。
本来100万人に一人か2人であるはずの小児甲状腺がんが、17万人に12人(疑いを含めると27人)。
心筋梗塞患者の増加。

人生の楽しみであるはずの「食べる」が、心と体の「苦痛」であり続けている福島の状況が、本当に切なく思います。
食材はスーパーに溢れています。その中には、放射能を検出しないものだってあるはず。でも、そこに「表記」がないのですから、手に取るたびに「これは大丈夫かな?」と思う。でもその不安にふたをして、「大丈夫なはず」に切り替える。決して不安が消える事はないのに。

今後も、安心して食べられるお野菜や、果物を運び続けたいと思います。一時的な安心感や楽しさしかお届け出来ないのですが、それでも、物資的には一時的な中に、強い繋がりの継続を伝えたいからです。

福島市での交流会を終え、川俣町に向かいました。そちらで活動をずっと続けておられる今泉君枝さんを訪ねました。
今泉さんの活動はこちら。
http://hand-to-hand-project-kawamata.jimdo.com/

こちらではお野菜の配布が行われていたのですが、そこに果物や枝豆や竹炭をお持ちしました。小さなお子さんを抱える若いお母さん達が次から次へと会場に来られて、喜んで持ち帰ってくださいました。

130724_171617-2.jpg

何人かのお母さん方とお話しさせていただきましたが、線量の高い川俣町でさえ、もうすでに放射能を話題にする事が出来ない状況にあるようです。
部活全体の保養キャンプ等を提案しても、逆に神経質なお母さんだという見方をされてしまう現実。気にしていない振りをしなければ、もはやご近所や、学校の父兄同士がストレスのない交流をする事が困難になっているのです。

気にする事は大切な事。気にする事によって、予防出来る事、避けられる事を持続する事が出来ます。
その「気にする事」ができるだけ長く続くように、新潟からしっかりとサポートしたいと思っています。

「もしかしたら、私の方がおかしいのかもしれないって思うんです」涙ぐまれながらの、お母さんのこの言葉は本当に衝撃的で辛かったです。

おかしくないから!!お子さん達を守り続けるために、周囲のどんな目にも負けないでいてほしいと願っています。とても大変な戦いだからこそ、周りの私達が笑顔で支える。

そして、可能ならいつでも、避難に県外に出てほしいという願いを綱いていくためにも、9月末に開催する第4回いのちきらきら希望の風フェスタin笹神の準備も本格スタートしました。

皆様の応援を、心から感謝します。
そして、これからもどうかよろしくお願いいたします!!

第3回いのちキラキラ希望の風フェスタin笹神

4月20、21日に、第3回いのちキラキラ希望の風フェスタin笹神を開催させていただきました。

DSC02335.jpg


たくさんの方々のご協力、応援があって、スタッフ一同本当に心強くこの二日間をつくりあげる事が出来ました。支援してくださったすべての皆様に、心からの感謝を伝えたいと思います。本当にありがとうございました!!

事前に何度も打ち合わせを繰り返し、スタッフみんなの想いを共に確認しながら、来てくださる方に楽しんでいただける時間と空間をどうやったら作っていけるかいろんなアイデアを出し合いました。

今回は免疫力を上げる事をテーマに、酵素ジュースを会場で試飲していただけるように、事前にみんなで酵素ジュースづくり。

DSC02273.jpg


また子ども達のために支援をお願いした、果物や手作りのお菓子が続々と届き、写真でご紹介しきれない程。この果物や体に優しいお菓子さんたちは、当日の子ども達やお母さん、お父さん達の特別な喜びになりました!!

DSC02295.jpg
DSC02297.jpg
DSC02304.jpg


20日はお味噌づくりからスタート。大豆を煮て、みんなでつぶして。免疫力に大切な発酵食も、安心安全の材料で自分たちで作ってみようという楽しい体験!!

DSC02341.jpg


夕方には親子整体教室で、触れ合いながら体の固さをほぐしていきます。親子で背中合わせになったり、揺らし合ったり。そんな時間をお家に帰っても続けていただけたらと思っています。

DSC02346.jpg


夜は手作りの免疫力アップカレーをみんなでわいわい食べました。
この時間から、「内部被ばくを生き抜く」を撮られた鎌仲ひとみ監督が参加してくださいました。

DSC02349.jpg


夕食後は、子ども達は別室でお遊びタイム。親達は輪になって、夜遅くまで交流会をさせていただきました。この写真は交流会前にクリスタルボールの音色で呼吸を整えて心を安らぐひととき。
交流会では、避難している方、福島の残られている方、それぞれの胸の痛みや苦悩を伝えていただきながら、みんなで共有する時間となりました。何かを解決する事はできないのですが、みんなそれぞれの選択の中で見えていた事、見えていなかった事を伝え合う事は、手をつなぎ一緒に歩いていくためにとても大切な時間だったと思っています。

DSC02353.jpg


21日は、満開の桜の花に雪が舞うという、あまりにも強烈なお天気!!笑
そんな中、本当にたくさんの方に来ていただきました。
健康相談会を受けていただいたり、イベントブースでマッサージや整体、鍼灸など、施術も楽しんでいただきました。

DSC02419.jpg
DSC02417.jpg


スガジャズダンススタジオ新潟さんのダンスの演舞。子ども達も一緒になって楽しそうに踊っていました!!

DSC02445.jpg
DSC02457.jpg


福島県出身の歌手、佐藤さとみさんによるライブ。優しく透き通る歌声が、会場の体育館を抱きしめるような空間に包んでくれました。

DSC02464.jpg

お餅つき大会も楽しみました。つきたてのお餅はやっぱりおいしい!!

DSC02431.jpg

みなさんから送っていただいた果物や、お菓子は、こうやってカットフルーツにしたり、カフェコーナーで食べていただいたり。

DSC02403.jpg
DSC02404.jpg


愛媛県から送っていただいた無農薬EM農法お野菜、そして、無農薬のいちご。こんなに手間ひまがかかるのに、とっても安価で譲ってくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。ひとつ100円の西のお野菜のお買い物も、楽しい時間になっていました。

DSC02388.jpg
DSC02370.jpg

そして、20、21日二日間を通して会場に滞在し、福島のみなさんと交流してくださった鎌仲ひとみ監督。本当に気さくで、明るくて、素敵な方でした!!

130421_145250.jpg

これは井上のカメラに納まっている写真でご紹介させていただきました。実は今回、カメラ担当のスタッフがいましたので、そちらの写真をもらえたらまた、第2弾として風フェスの報告をさせていただきますね!!
この他にも、ストラップづくりや、ぽんぽんお花づくり、たくさんの施術ブース、酵素ジュース講座など、盛りだくさんでした!!第2弾では、そのあたりもお伝えできると思います!!

いまは無事に終える事が出来て、本当に本当に感謝の気持ちしかありません。そして、9月28、29日に行う第4回いのちキラキラ希望の風フェスタin
笹神にむけて、また大切な大切な仲間達とともに、準備を始めたいと思っています。

みなさんの応援が、力になります。
何度言っても足りません。ありがとうございました。
そして、福島から、新潟から、この会場に足を運んでくださったすべての方に、出逢ってくれてありがとうを伝えたいと思います。立ちはだかる問題は困難ですが、一緒に超えていきましょう。私たちは隣で手をつなぐ仲間でいたいと思っています。

すべてに感謝。

福島へ行ってきました!

みなさまこんにちは!!
3月23日、福島県に入らせていただきました!!
ピュアソウル通信を通して、安心安全な卵と納豆の支援を呼びかけさせていただきました。日本各地から、こんなに届きました!!

DSC02197.jpg

DSC02196.jpg

納豆は新潟や北海道などの国産大豆や有機納豆にこだわってくださったり、卵はきっと届けてくださった方さえ、きっととっておきの時にしか買われないのではないかと想える有精卵がほとんどで、本当に感謝の気持ちで一杯です。お手紙を添えてくださった方、直接届けてくださった方、皆さんおひとりおひとりのお気持ちが、本当に嬉しかったです。
また愛媛県からの元気溢れる無農薬EM農法お野菜を持って、今回は会津若松市、郡山市、川俣町の3カ所に行ってきました。

DSC02203.jpg

会津若松市では、鼻血がよく出る事や、免疫力が落ちている事の心配の声が聞かれました。また、郡山市の一般道走行中の内気循環の車内の放射線量。高いです。。。でも、マスクもしないで粉塵あげながら道路工事をしている人達。そのそばをマスクもしないで自転車で走っていく若者達。本当に、胸が痛みました。

130323_155803-1.jpg

郡山市の会場では、手作りのお昼ご飯を準備してくださっていて、とっても美味しくいただきました!!本当に嬉しかったです。交流では、中学生たちが、「くたびれた」「眠たい」を連発していること、震災後に誕生し、これまで一度も、土や葉を触った事が無い子ども達がいることなどを聞きました。また「私は孤立しています」というお母さんたちが増えている事や、子ども達もまた孤立した心配を抱えているのです。チャイルドラインのお知らせを小学生から高校生に配布したら、たった4週間で福島県内2011年度の1年間分を超える5000件以上の相談件数となったそうです。

DSC02204.jpg

DSC02207.jpg

郡山からは、初めて川俣町に行かせていただきました。川俣町の子ども達の健康を守る活動をされているハンドトゥハンドプロジェクトカワマタ代表の今泉さんとのご縁です。
http://ameblo.jp/hand-to-hand-kawamata/
ミーティング場所となった中央公民館駐車場に設置されているモニタリングポストを見て本当に驚きました。

130323_164020.jpg

毎時0.5マイクロシーベルト以上の環境に1000人以上の子ども達が生活しています。国際基準限界値でみると、毎時0.11マイクロシーベルトが限界なのにです。そしてこの国際基準は成人基準です。子ども達ならばもっと低く設定されるべき限界値。。。

福島から県外に避難できない方々はたくさんいます。みんな、どうしようもない事情を抱えています。もちろん経済的な問題はとても大きいです。その事情の中で、子ども達はひと呼吸ひと呼吸、もう2年以上も負担を受け続けています。
この子ども達のために、少しでも免疫力を維持できるように、これからもお野菜や果物や、元気になる食材などを持って交流を続けさせていただきたいと想います。また皆さんに応援のお願いをするかと想います。そのときにはどうかよろしくお願いいたします!!

本当にたくさんの方々からのご支援を、とてもとても感謝しています。
福島の方々、本当に喜ばれていました!!ありがとうございました!!


福島へ行ってきました!

12月15日、福島県に行ってきました!!

今回は今年最後の訪問であり、クリスマスシーズンだという事もあって、ピュアソウル通信を読んでくださっている方々に、果物の無料支援と子ども達へのクリスマスプレゼントの協力を募らせていただきました。そしたら!!こんなにたくさんの果物と、クリスマスプレゼントが!!手作りのお人形やマスク、かわいい包装に入った文房具や可愛いおもちゃ、また、自分の大切なぬいぐるみを福島のお友達へと送ってくれた女の子。素敵なお手紙も入っていました!

66749_385663984855100_2041646112_n.jpg
68855_385568281531337_913196151_n.jpg
68692_384327751655390_867686506_n.jpg


また、佐渡市立七浦小学校1年生の子ども達から、手作りメダルとクリスマスカード!!とても手が込んでいて、心温まるメッセージ。子ども達ってすごい!!

522687_385547531533412_72330511_n.jpg

また、果物やプレゼントを送れないからと寄付を下さった方もたくさんおられました。本当に嬉しかったです。

愛媛県よつば会の皆さんから送っていただいた無農薬EM農法のお野菜。そこにはいつも愛のあるお手紙と、福島の方々へのレシピ付きメッセージ。とびっきり元気なお野菜と一緒に届きました。

316542_385705511517614_2145874120_n.jpg


これらを車にいっぱい詰め込んで、大切にお届けしてきました!!
また今回は、福島の子ども達が元気になるようにと、ある画家さんに「希望の絵」を書いていただいた方から託された関本さんご夫婦も同行。その可愛い絵を、会津若松栄町教会さんに受け取っていただく事になりました。これがその絵です。

DSC01702.jpg


福島県では、皆さんが本当に本当に喜んでくださいました!!真剣な眼差しで果物を選ばれたり、お子さんと一緒にわいわいクリスマスプレゼントを選ばれたり、たくさんの会話と笑顔と出逢う事が出来ました。大変な大変な、不安やストレスの重なった1年の終わりに、暖かい皆さんからの真心を代表してお届けできた事、本当に幸せな役目を果たす事が出来て、心から感謝しています。

DSC01713.jpg
DSC01715.jpg


福島県に入るたびに、健康についてのご相談を受ける頻度が高くなっています。特に郡山市では、お会いするほとんどの方が甲状腺に何らかの所見を指摘されていて、心配の源になっています。鼻血、突然の下痢、集中力が続かない、体力が無い、手足に力が入らない、一こまの授業が辛くなっている。。。子ども達の体は明らかに変化して来ているようで、これからも継続的にサポートを続けてゆきたいと思っています。

4月20日、21日に、第3回いのちキラキラ希望の風フェスタin笹神を開催します。年明けすぐに準備を始めます。やれる事を、みなさんとまた力を合わせてすすめていけたらと思っています!!ご協力どうぞよろしくお願いします!!いつもありがとうございます!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。